Read Article

夜廻り猫〜料理の名前は「ひんむす」と「チワー焼き」

ツイッターで毎週更新されている深谷かほるさんの8コマ漫画「夜廻り猫」の大ファンです。

社会の中の弱者に、そっと寄り添う猫が主人公の漫画ですが、その中で猫が人間に教えくれる、安くて手軽なお料理が楽しみです。ツイッターでは、色々な方が作ったと言う写真が次から次へと出て、漫画を一層魅力的にするSNSの影響力の凄さに驚いたりしています。

その中でもヒット料理が2点。一度食べて見たいなあと思っていた料理を作って見ました。

名前は「ひんむす」と「チワー焼き」

「ひんむす」は貧しい天むすの意味で天ぷらの代わりに天かすを入れたおむすび。

「チワー焼き」は熱々にしたフライパンに卵を入れた時の”ちわ〜”と言う音から取った卵焼き。貧むすは三つ葉で作りたかったのですが、ここロサンゼルスでは中々手に入らず、代わりにシソの葉を使用しました。

どちらも、とーっても美味しかったですよ。手のこんだ豪華な料理は毎日食べられるものではないけれど、シンプルで素朴な料理は何度でも繰り返し食べられます。

それに経済的なのが魅力。世の中で苦しんでいる人に「夜廻り猫」が提供するのすることは、その人の話を黙って聞いてあげて、ご飯を一緒に食べること。イエス様が人々にされた事と同じです。

「ひんむす」と「チワー焼き」皆さんも、お試し下さい。美味しくって思わず、笑顔になりますよ。

「見よ。私は、戸の外に立ってたたく。だれでも、私の声を聞いて戸を開けるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼と共に食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」黙示録3:20

マダム


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top