Read Article

「クリスチャンなのに坊主バンドとライブ? 」 うるせーよ!

上の、上馬キリスト教会さんのTwitter上のハッシュタグ、#あなたが嫌いな言葉 に反応し、「クリスチャンなのに坊主バンドとライブ? 」 うるせーよ!と、思わずリツイしてしまいました。

と、申しますのも来たる11月18日(日)下北沢の老舗ライブハウス、ラカーニャで坊主バンドさんとツーマンライブをするのですが、クリスチャンと称する方から「クリスチャンなのに・・」系の辛辣な”お小言”を頂戴しております。

2年前の日本ツアーの時も、坊主バンドさんと「仏教とキリスト教音楽の集い vol.1」を催しました。

お客様はほぼ坊主バンドさんのファンの方=仏教徒または未信者さん(未来の信者)でした。

【報告:日本ミッションツアー2016 】仏教と基督音楽の集い!at 下北沢・ラカーニャ 

以来、坊主バンドのリーダー、善念和尚との交流が始まり、今年は不肖NCM2隊長が善念さんのアルバム(CD)をプロデュース。全世界で絶賛!発売中です。

善念 1stソロアルバム「君は僕の菩薩だぜ!」

また、今年9月にNCM2の企画で実現した、敬愛する久米小百合さんと坊主バンドさんのライブ「仏教とキリスト教音楽の集い vol.2」も、大変盛り上がったようです。

果たして「異教徒とのイベントは罪なのでしょうか?」と、中川健一先生(ハーベスト・タイム・ミニストリーズ)の「3分間でわかる聖書」コーナーに質問をしてみたいところですが・・。

伝道集会(コンサート)と銘打っても、クリスチャン(信者)しか集まらないないのがキリスト教のイベント・・。

高いチャージ(入場料)を払って観に来てくれる、一般ピープルのお客が大半のライブハウスは、まさに福音伝道の最前線!

神様がお与えになるフィールドワーク(種まきの前の地面の耕し)の場であると私は確信します。

NCM2隊長の日曜学校の恩師、大川従道牧師の座右の銘「本質以外は寛容であれ」ですが・・、

私たちNCM2もイエス・キリスト様の福音の本質を堅持、それ以外は寛容でありたいと願います。

そして、今年も「仏教とキリスト教音楽の集い vol.3」に祈りつつ、臨みます。

福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです。コリントの信徒への手紙 9:23

クリスチャンの皆様、11月18日(日)のライブのためにお祈り下さい。

NCM2隊長(a.k.a.ヨシオ・J・マキ


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top