Read Article

きらきらの笑顔を

また、ディズニーランドに行ってしまいました。
これは、もうほとんど、子供の喜ぶ顔がみたいという親のエゴ。
たまちゃんの笑顔には、このいそがしい時期の疲れもとんでいってしまう。

tama12-16-06.jpg
2才を前にして、たまちゃんはパワフル、かつ、がんこ。
ディズニーランドでも、ベンチや柵によじのぼったり、
歩いて行く方向と思いっきり逆方向に走り出したり。
こちらが追いかけると、ますますよろこんでかけだすし、
無理やり連れてこようとすると、からだが、たこのようにぐにゃぐにゃになって、
その場に仰向けになって動かなくなってしまう。
大人だけなら5分で移動するところが30分かかる。なかなかてごわい。
そして、たまちゃんが一緒だと、
おしめ、ごはん、ジュース、ミルク、おやつ、着替えの洋服など、荷物もおおくなる。

当然のことなのだけれど、たまちゃんは、ひとりでは、食べることも、着替えることも、
歯磨きすることも、何もできない。。。。人間の子供って、ものすごーく、手がかかる。

そんなことすべてが、たまちゃんの笑顔で帳消しになってしまう。
人間の大人が、こんなに忍耐力が必要な子育てができるように、
神様は、子供にあんなきらきらの笑顔を与えてくださっているのかな。

−たままま

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top