Read Article

賜わりし尽きぬ恩寵感謝祭

バックミラーの夕茜

あけましておめでとうございます。年去り、年来るとは、何となく境目の見えない時に移されたようで、主のご恩寵が続いています。「賜わりし尽きぬ恩寵感謝祭」と、御年85才となるとその恩寵の深さ、生かされていることの素晴らしさをしみじみと感じることです。

新しい年も、生かされることを賜わったのだと、その御恩寵に心満たされて、始めさせて頂けることの幸いをありがたく思っています。

きさらぎ俳句会では、句会のあとH様のご愛により、年末感謝のおご馳走が出て、皆さんで楽しく頂き、大変良い交わりの時をもちました。H様心より感謝いたします。美味しかったです。ご馳走様でした。

12月号の俳句です。ご笑納くださいませ。  

とし子

賜わりし尽きぬ恩寵感謝祭 

佇めば岩間の飛沫冬の海

冬日射す窓辺に寄りて句作かな

夜の更けて恵み分かちつ晦日蕎麦

暮れ早しバックミラーの夕茜


コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top