悪性リンパ腫からの生還と賛美の恵み

2018/06/11隊長ジャーナル

赤いピアノ

去る週末からNCM2のミチコ・ヒルが長年ディレクターを務めているアーメン・クワイヤ(Amen Choir)による賛美慰問ボランティアの2015年下期シーズンが始まりました。

シーズンの始めはロサンゼルス北西部のグラナダヒルズにある高齢者医療施"RINALDI CONVALESCENT HOSPITAL" へ1年4ヶ月ぶりに訪問し慰問賛美のご奉仕をしました。

昨年6月にこの病院を訪れた時は日本からミチコの大学(桐朋音大ピアノ科)の後輩でシンガーソングライターの川瀬葉月さんもロサンゼルスを来られていて、一緒にこの場所で賛美をしました。

下はその時(2014年6月)に上の赤いピアノの前で撮ったミチコと葉月さんの画像ですが、この数日後、ミチコはステージ4の悪性リンパ腫と診断され、その後、約1年の闘病生活が始まりました。

NCM2_Michiko Hill & Hazuki Kawase

そして1年4ヶ月後の一昨日、悪性リンパ腫からの生還し100%キャンサーフリーとなった、ミチコとともに力の限り、主を賛美し、イエス・キリスト様の福音を高齢者の皆様にお証しで来た事を心から感謝し、主の御名を崇めました。

これから12月半ばまで、NCM2のメンバーもこのアーメン・クワイヤのボランティアに参加します。ほぼ隔週でロサンゼルスのサンフェルナンドバレー地区の老人ホーム・介護施設や高齢者向け介護療養型医療施設を中心に慰問し聖歌・賛美歌・ゴスペルを歌います。ハレルヤ!

NCM2隊長



にほんブログ村 ライフスタイルブログ アメリカンライフスタイルへ
アメリカンライフスタイル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

2018/06/11隊長ジャーナル

Posted by NCM2 CHOIR