ロサンゼルス・ドジャースの試合を観てきました。

ロサンゼルス・ドジャースの試合を観てきました。

誕生日に娘から何が欲しい?と聞かれ『ドジャースの試合を観に行きたーい!』と即答したら。娘がドジャースの観戦チケットをプレゼントしてくれて、ファミリーでロサンゼルス・ドジャースの試合を観に行ける事になりました。 楽しい事というのは、その前から始まっていて日が近づくにつれて、心がウキウキ。やっぱり試合見るなら格好から入らな...

悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。

悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。

悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。必要があれば、人の徳を高めるのに役に立つような言葉を語って、聞いている者の益になるようにしなさい。エペソ4:29   いくつかのSNSを読むのが日々の楽しみです。言うまでもなくSNSは、世界中の色々な情報、ニュース、プロモ(宣伝)や意見交換などを発信、閲...

心の平安を与えて下さる方 | I love LA

心の平安を与えて下さる方 | I love LA

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年の礼拝はNCM2メンバーが所属する教会、Shepherd of the Hills で迎えました。今年の教会の標語は」”I Love LA” アメリカの大都会の一つ、私たちが住んでいるLAを愛して、ここの人々に愛のメッセージを色々な形で届ける事...

夜廻り猫〜料理の名前は「ひんむす」と「チワー焼き」

夜廻り猫〜料理の名前は「ひんむす」と「チワー焼き」

ツイッターで毎週更新されている深谷かほるさんの8コマ漫画「夜廻り猫」の大ファンです。 社会の中の弱者に、そっと寄り添う猫が主人公の漫画ですが、その中で猫が人間に教えくれる、安くて手軽なお料理が楽しみです。ツイッターでは、色々な方が作ったと言う写真が次から次へと出て、漫画を一層魅力的にするSNSの影響力の凄さに驚いたりし...

イースターの聖日は小田原十字町教会で迎えました。

イースターの聖日は小田原十字町教会で迎えました。

今年のイースターの聖日は小田原十字町教会で迎えることが出来ました。小田原十字町教会はNCM2が大変お世話になっており、チャペルコンサートも2度させていただいております。 NCM2のOB(元メンバー)の露木監督ご夫妻が所属されている教会で、毎回、お二人と再会ができる喜びもあります。聖なる静寂の中での礼拝は、しばし世の中の...

【試聴】朧月夜 (おぼろづきよ)〜美しい日本の桜に魅了されています。

【試聴】朧月夜 (おぼろづきよ)〜美しい日本の桜に魅了されています。

菜の花畠に、入り日薄れ 見わたす山の端 かすみ深し 春風そよ吹く、空を見れば 夕月かかりて、にほひあはし 【試聴】 朧(おぼろ)月夜 演奏: NCM2 CHOIR (リード・ヴォーカル:久米小百合)  文部省唱歌。作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一 Copyright ℗ 2011 Timo Music Publishin...

愛とは「あなたを愛しているよ」という言葉だけであらわされるものではなく、心をこめて焼いた一匹の魚を無言で手渡すこと・・

愛とは「あなたを愛しているよ」という言葉だけであらわされるものではなく、心をこめて焼いた一匹の魚を無言で手渡すこと・・

神様が我々の空腹を心配して下さる・・ 聖書を読むたびに思うことは、神様はとっても現実的なお方だと言う事です。食べ物に間することは実に多く、食いしん坊の私には断食よりも、おいしいお食事の方が魅力的で、煩悩が断ち切れない自分を嘆く事もしばしばですが、バカボンのパパではないけれど「それでいいのだ!」と聖書の神様は言って下さる...

サルベーション・マウンテン(救いの山)〜イエス様、私は罪人です。どうか私の身体と私の心の中に来て下さい。

サルベーション・マウンテン(救いの山)〜イエス様、私は罪人です。どうか私の身体と私の心の中に来て下さい。

サルベーション・マウンテン(Salvation Mountain)に行って来ました。 2014年、私の娘の友人でアメリカの著名ブロガー、ガーデン・ベティ(Garden Betty) のブログで、サルベーション・マウンテンの事が紹介されていました。 このブログ記事と画像を見た時から、一度行ってみたいとずーと思い続けていた...

中川健一牧師の黙示録聖書公開講座と「永遠の確実性」(The Certainty of Eternity)

中川健一牧師の黙示録聖書公開講座と「永遠の確実性」(The Certainty of Eternity)

  昨年からハーベストタイムミニストリーズの中川健一牧師の「黙示録聖書公開講座」をオンラインで続けて学んできました。 難解だと言われている聖書の中の最後の章が、それはそれは丁寧に日本人の私には分かりにくいユダヤの思想や、歴史的な背景、旧約聖書の預言書との比較などを交えながら、これから起こる未來の預言について解...

Return Top