Read Article

七転び八起きの人生

pic_saijiki_logo_sms.gif

正しい者は七たび倒れても、また起き上がる。しかし、悪しき者は災いによって滅びる。

箴言 24:16
 
「人生は七転び八起きだ」とよく言いますね。確かにわたしたちの人生は平坦ではありません。いろいろなつまずきや、挫折があります。若い時には受験の失敗や、失恋の経験、中年になればなったで事業の失敗、あるいは失業、そして離婚、実年を迎えても生活の不安定から来る様々な悩み、老年期を迎えて愛する伴侶との死別、孤独の中での自殺等など、数え上げれば切りがないほどに多くの山坂を越えていかなければならないのが、わたしたちの人生です。

このように一生のうち何処かでつまずくことは避けられないとしても、いつもそこから立ちあがる事の出来る人は、何と幸いな人でしょうか。まさに七転び八起きです。それなら、どうしたらそのような強靭な力を持つことが出来るのでしょう。ここで聖書は、「正しい者は、七たび倒れてもまた起き上がる」と言っています。それによれば、私たちを起き上がらせる力は、私たちがこの世で正しく生きているか否かにかかっているというのです。

とは言っても、聖書が「正しい人」と言うとき、その正しさは世間の標準や、自己免許のそれではありません。それは全ての事の背後に神の存在を認め、神を神として崇める生活をおくる人の生き方を指しています。したがって、聖書が教える罪とはこの神を無視し、さらにはその存在すらも否定し、本来、神によって造られた被造物としての人間を神とし、人間の思うがままに生きようとするその姿勢を指しているのです。

そこで起き上がるためには、今まで神を無視して生きてきた過去ときっぱり手を切らなければなりません。そのために、イエス・キリストはあの十字架の上でわたしたちの罪を始末してくださり、忌まわしい過去を清算してくださったのです。このキリストのうちに自分の罪のゆるしを見出す人は過去から完全に立ち直ると同時に、わたしたちに対するキリストの深い愛と、同情と、理解を見出すことが出来るのです。確かに、人がつまずきを乗り越えて立ち上がれる時は、何処かに、本当に自分を理解し、同情してくれる真の友を見出した時に違いありませんね。

かつてパウロというキリストの弟子が、「わたしたちは四方から苦しみを受けるが、押しつぶされはしない。途方にくれる事があっても、絶望してしまう事はない。迫害されても、神は決して見捨てられない。倒されても打ちのめされはしない」と告白しましたが、本当の七転び八起きの人生は、あなたがキリストを知り、キリストと共に生きるようになるときに体験することが出来るものなのです。このキリストを知って、力強い人生にお入りください。

鈴木栄一牧師

Return Top