Read Article

信仰による人間疎外 | 工藤信夫

dr_kudo_book2

そらくそこには、何か「クリスチャン」であることが特別な力、特別な立場を持ったものと期待する心が働いているのではないでしょうか。これは時として特権意識につながることがあります。

キリスト教病院だからクリスチャンは優遇されるのがあたり前という態度で延々と話しこむ人、病院の都合などおかまいなしに夕方何の連絡もなくやってくる人、早朝から待っている人をさしおいて電話一本で割り込み依頼をしたり、頼み込む時だけは一生けんめいであとは何の音さたもない人々・・・【工藤信夫著:信仰による人間疎外】

私の母の友人Mさんが入院していた時、あるクリスチャンの方から御見舞いカードが届きました。そのカードには、「今年こそ天国行きの切符を手にして下さい」と書かれてあったそうです。

それを読んだMさんはキリスト教の信仰を持たない人でしたので、「これ、どうゆう意味なのかしら? 私に早く逝ってほしいのかしら」と母に相談し、とても困惑されていたそうです。

このカードを送られた方は、キリストによる永遠の命を得て欲しいとの思いから書いたであろうことは、クリスチャンである私には察しがつきます。

NCM2隊長もクリスチャン歴27年、同じ信仰を持つ仲間との交流が多くなればなるほど、ますます相手方の立場を理解する事、を思いやる繊細さが必要だと思いました。

外見は謙遜を装いながら、その実、上から下を見下げるような態度になった時が赤信号なのだと痛感。

本書を拝読して、クリスチャン(自分)はなんぼのもの? ただただ神様の御慈愛によって救われた罪人と認め、取るに足りない者であることを日々肝に銘じ謙虚に世の人々と関わりを持たなければいけないと自覚した次第です。

皆様、今週もお疲れ様です。

隊長

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。なんだか、実際にありそうで 相手のかたによっては
    大変なことにもなりかねない、出来事ですね。わたしは 教会には行っていませんが
    教会が好きだった時期もあったのですが 今はしんどく感じています。
    でも 同様のことはいつも 考えつつ暮らしていきたいと思いました。
    (さしでがましいコメントでしたらすみません。)

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top