神様の形に

2018/06/10命の水の泉から

私の通っている歯医者さんは、若手で新しい分野に挑戦するのが好きだ。昨年の秋、私に、歯の矯正を勧めてきた。彼は新しい手法、インビザラインという方法の矯正の仕方をマスターしたばかりだった。

まだ一般的になっていないかもしれないが、ワイヤーを使わず二週間ごとに新しい型を上下の歯に嵌めていく。コンピューターでその変化の模様を見せてくれた。少しずつ少しずつ、歯が動いていって最終的にきれいな歯並びになる。すごいテクノロジーだ。

たしかに私の歯並びはひどく、小学生のころ、虫歯予防デーには歯が良いので、いつもクラス代表に選ばれたが、最終的に歯並びが悪くて受賞はかなわなかった。でも、いつ召されるかわからないし、いまさらお金をかけてもと思ったが、歯医者さんはこちらのことを察してか、私がいつも多くの患者さんを紹介しているので、かなり安くしてくれるという話だった。 

つまり、この歯医者さんの実験台でもある。それに結婚してから相当な年月が経つのに、或る日夫が私の顔をつくづく見て、「ひどい歯並びだなー」と言ったことも関係して、それではと始めてみた。いつもバーゲンでしか買い物をしないのだから、たまにはこういう出費も許されるだろう。

歯の型を1日20時間は嵌めていなければならない。一番初めは食事の時に、はずすこさえもなかなか難しく、前途多難だとおもったが、慣れというのはすごい。どんどん簡単にできるようになった。食べる時には、取らなければならないので、間食が減ったことは事実だ。食事の際、はずす度になくさないように気をつけなければならない。従来の矯正の仕方と違って痛くないのが良い。

そして一年経った。すでに歯型は26セット目、下の歯はほとんど完了に近い。気がつくと、本当にきれいに揃いだしている。初めのころの歯型と今の歯型を比べてみると、大違いだ。かつてこんなにでこぼこだったのかと驚く。

何事も毎日の積み重ねだということはいろいろな分野でいわれることだけれど、この何ミリ単位で動かしていく歯の矯正はそれを証明している。

信仰生活もそうだろう。いっぺんに貯めて祈ったり、聖書を読んだりするのではなく、毎日いただく、御言葉、毎日の祈りが少しずつ、少しずつ積み重なって、私たちを整えていってくれるのだろう。それは神様の技だから、この歯の矯正よりも、完璧で麗しいものに間違いない。そのことによって私たちが、神様の望む形に矯正されていくことだろう。今は不揃いでも、大丈夫、祈り続け、御言葉を毎日いただいている限り。

竹下弘美


にほんブログ村 ライフスタイルブログ アメリカンライフスタイルへ
アメリカンライフスタイル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

2018/06/10命の水の泉から

Posted by NCM2 CHOIR