Read Article

悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。

悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。必要があれば、人の徳を高めるのに役に立つような言葉を語って、聞いている者の益になるようにしなさい。エペソ4:29

 

いくつかのSNSを読むのが日々の楽しみです。言うまでもなくSNSは、世界中の色々な情報、ニュース、プロモ(宣伝)や意見交換などを発信、閲覧することが出来るとても便利なツールです。

大好きな『夜回り猫』はTwitterで知ることができました。毎週何回も無料で更新している漫画を見る事ができ、また、アーカイブもでも見られます。

『夜廻り猫』遠藤平蔵〜喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい・・

SNSはとても便利なツールですが、反対にこれが人を傷つける凶器になる事も多いのが今の世の中・・。

誰かれ構わず見ず知らずの人を刺して日頃の鬱憤を晴らす場所にもなっているもSNSはようで、時々そのような記事に出くわすと心が壊れ、苦い思いに心が支配されてしまいます。

何が真実で、何が嘘か?よくよく調べてみないと、危うく、悪意のある記事に賛同のクリックをしてしまいそうになることもたくさんあります。

敬愛する日本の大女優、高峰秀子さんがTwitterでにこんなツイートをしておられました。

『私は自分のこと、悪口の天才だと思ってます。もう人をこき下ろさせたら誰もかなわないくらい。でも物を書く場合、人が読んで不愉快になるような文章は書かない。悪口は書いても、寸鉄人を付くくらいで、刺すまでいくのはやめましょうと思ってますね。それと、嘘は書かない、作り事は。』高峰秀子

悪口は蜜の味と言いますが、SNSは『王様の耳はロバの耳~』と叫べる場所だと勘違いしている方々がいる昨今、糸井重里氏の、「今日のダーリン」の記事に共感を覚えます。

『みんなが話題にしていることについて、あなたのコメントを、だれ求めているのだろうか。仮に、近所の話し相手の人々が求めているとして、それは、ほんとに本気で訊きたがっているのだろうか。ー中略ー ねぇ、みんな、あんたの本業は、そっちやないで。実際に、あんたを必要としている場所でがんばろうや。』糸井重里

ついついおしゃべりの会話の中で、世の中の出来事について意味のないコメントしたり、批判したりしている自分を見つけて反省、懺悔です。

マダム

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top