Read Article

愛のご奉仕の雪かき〜ベドウ・ミッション・インターナショナル

今日も驚くばかりの素晴らしいお天気に見舞われたサンディエゴです。朝からとても気分よく太陽の輝かしい日差しを浴びながら一日を始めました。

世界中至るところで寒気に見舞われ大雪で、事故等のため大変なニュースに接し、心を痛めております。「神様どうか一日も早く正常に戻りお助けのみ手を」と、祈っています。

そんな時日本にいる姉からの電話で、彼女の家も大雪で大変だったようです。そして自分が留守をしている中に、家へ雪かきに来てくださった方が居られてと、喜びの声を上げて話してくれました。

「まあ、何と素晴らしいご愛の方でしょう。良かったわね」と、その方は、私が尊敬しているベドウ・マーク宣教師と奥様のるつ子さん達でした。

「ベドウ・ミッション・インターナショナル」の彼らは宣教のお働きをされ、るつ子さんの賛美コンサートとマークさんのメッセージや、マークさんの駅前伝道、そして彼らは毎日曜日に礼拝を持って居られます。私も日本へ帰った時は彼らの礼拝に姉と一緒に出席します。

姉は一人でも礼拝に行き、時折お迎えにもきてくださり、彼らのコンサートなどへも行っているとのこと、90才になった姉が元気で居てくれて、とても嬉しく思っています。

アメリカ人が日本語で、マイクを持って駅などで伝道をされている姿を姉は見かけるのよとマークさんのことを話してくださいました。

有難いことに飯能に住む姉の家より、そんなに遠くないところに住んでおられる彼らは、姉をよく愛の訪問をしてくださいます。私は嬉しくて有難くて、彼らのご愛に感謝いたしました。

一人住まいの姉に、何と暖かい、そして彼女にとって必要な雪かきしに、わざわざきてくださったのかと、お互いに電話の向こう側から感謝し合ったことでした。

神様から受けるご愛を、行いをもって見せてくださったお二人の姿が目に浮かびます。大いに見習うべき愛のご奉仕だと有難く思いました。ハレルヤ!

とし子

ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top