クリスチャン・バスケットボール選手、スティーブ・カリーのツィッターより

2018/06/10命の水の泉から

ステファンカリー

今年もサンフランシスコ近郊、オークランドのバスケットボールチーム、ゴールデン・ウォーリアーズが最後まで勝ち進み、最終戦では負けましたが、ファンをわかせてくれました。昨年も書きましたが、この中の最強選手スティーブ・カレーはシュートを決めるたびにこの写真にありますように、栄光神にあれ、と指で天をさします。この写真に書いてあることを訳してみました。

クリスチャンスポーツ選手であるということは、自分のチームが勝つように祈ることではありません。神様は 祈る者達を祈らない者達より、ひいきする方ではありません。一生懸命やることが、勝利をなすのです。

クリスチャンスポーツ選手であるということはイエス様のために戦う事です。ある意味で、貴方自身を主のために捧げることで、勝とうと負けようと試合ができる能力と機会を与えられている事をいつも主に感謝することです。

ということは、なにがおころうとすべてを神の栄光の為に帰することです。貴方の人生を司どっている主に信頼するからです。

このようなスポーツ選手が続々と現れてほしいものですね。 

竹下弘美




にほんブログ村 ライフスタイルブログ アメリカンライフスタイルへ
アメリカンライフスタイル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

2018/06/10命の水の泉から

Posted by NCM2 CHOIR