Read Article

赤ちゃんクジラに触れた

メキシコのラパスに、一週間バケーションに行ってきた。毎年この時期、アラスカからメキシコ・バハカリフォルニア半島に、クジラが繁殖と子育てのために10000キロも南下してやってくる。メキシコの湾では、子育て中の親子クジラに遭遇できて、運がよければフレンドリーなベビークジラに触れるというもの。子育て期間は1ヶ月ぐらいで、またアラスカへ帰ってしまう。

メインのクジラツアーでは、驚くほど近くにクジラ(コククジラという体長12-14メートルのクジラとしては小型)発見。

IMG_1791

親子で泳いでいる姿は、大きいのに、思わず かわいい と言葉がでてしまう。クジラも母親が子供に寄り添っているんだ。

IMG_1799

そして、ボートの近くまで来たベビークジラに、たまちゃんが触れたぁ。

IMG_1802

私も触ってみたけれど、イルカよりもやらわかいかんじ。また、遠くアラスカまで帰るんだね。

このクジラツアーに参加していた90才のおじいさんとTAIのツーショット。娘さん夫婦からのバースデープレゼントだという。

IMG_1838

ホエールウォッチングというと、ボートで沖にでて、遠くのほうに見えるというイメージがあるけれど、ここは、世界でも重要なクジラの繁殖地でもあり、クジラの宝庫。クジラの触ることができるというのは、本当に貴重な体験。

たまちゃん、学校休んでも行く価値がありました。

次は、ジンベイザメとの遭遇。その様子は、また次回。

たままま


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


Return Top