Read Article

ステージ上のお約束

NCM2の活動の中で私が教わった事は数え上げられないほど沢山あるのですが、その中の一つに「ステージ上にあるもの(マイク、ケーブル、モニタースピーカー、エフェクター、etc..)は、許可なく動かしてはならない。何かを動かしたい時は、必ず(NCM2の)隊長かエンジニアさんに尋ねる事」と言うお約束があります。

このお約束、隊長がアメリカに移住して間もない20才の時にハリウッドの映画製作の現場でパシリをしていた時に学んだ大切な事柄のひとつだそうです。一見、単純な話のようですがなかなか奥深いものだと気づかされます。

そこ(ステージ上)にあるものは、何らかの意図があって置かれているもので、意味のないものはひとつも無いと言う事です。ちょっと自分の前にあるものが自分にとって邪魔だからどかしたり、よけいな事を考えて、多分これはあっちへ動かした方がいいだろうと、自分にはたいした事にはみられない小物を動かしたりするたびに、NCM2の隊長に注意されてきました。

何度言われても、なかなかこの悪い癖は治りません。殆どの方が気づかない細かい作業が、一つのコンサートを成功させるために配慮されています。そんな事どうでもいいのではと自分勝手に動かしてしまった物が、サウンド、映像、照明さんらの支障となり、ライブパフォーマンスの空気や流れを変えてしまう事があるのです。

そして、その”ステージ上のお約束”は私の生活の中や果ては世界の情勢を見極める為の大切な教えにもつながる事に気づき始めました。

例えば、誰かのキッチンでお料理のお手伝いをしている時に、そこに何気なく置いてあるキッチン用品、食材や調味料などを、自分の考えで他のところに片付けてしまったり、捨ててしまったりしたらお手伝いどころか、かえって迷惑になってしまう事があります。

どうしてこんなところに、こんな邪魔な物があるのだろうと思っても、ある方にとってはお身体が不自由でその場所にその物がある事が重要な場合もあります。

この”NCM2 ステージ上のお約束”は世界情勢にまで広がっていき、世の中に流れているニュースメディア、ブログ、SNSから発信される事件や民族間の紛争などの情報を「なぜ、そのような事が起こったのか?」と考え、その観点でいろいろ調べてみると、当初に得た情報とは違った事実を知る事が頻繁にあります。

人知では計り知れない神様の深いご計画を考える時、聖書に書いてある事など私には到底理解できない事柄が沢山あります。

でも、答えはこの”ステージ上のお約束”にあるような気がします。この地上で起こるすべての事に神様がお考えになった理由があるはずだと・・・偉大なるこの世界のプロデューサー(創造主)がなされる事を認め、ただ信じることのみが、この私に出来る事だと思います。

今は分からなくても、いつの日かきっと『あ〜、神様のご計画はこおゆう事だったのか』と、気づかされる日がきっと来るはずです。ステージ上での細かいお約束(気遣い)が、一番大切な事を私に教えて下さいました。本当にありがたい事だと思います。

マダム


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top