山の彼方にきてみれば

2018/06/10命の水の泉から

1。ダイアブロ山

「それはあなたの神、主があなたを良い地に導きいれられるからである。申命記8:7」

先月ここに書きましたが、22年間住んだ家から見えた山の彼方に引っ越しました。この写真にわずか頂上だけが見えるのが今度の家から見た同じダイアブロ山です。一ヶ月過ぎました。

必要な物を箱から取り出していましたが、だいたい生活に必要な物は出揃い、そのままもってきてしまった物をここに来てからまた捨てていますが、まだ開いていない箱は残っています。またこれから22年間かかるかもしれません。

さて「山の彼方の空遠く」に幸いはあったでしょうか?

2シアター

「涙さしぐみ帰りきぬ」どころか、多いに満足し、神様の導きに感謝しています。シニアの町で55歳以上でなければ住めません。ゲイトがあり、見知らぬ人は入れないので、安心です。

毎週3回以上、いろいろな映画がシアターで上映されています。無料です。そのほか、有料のコンサートやオペラもあります。年をとってサンフランシスコまで出向けない人たちのために考えられています。もちろんいろいろな宗派の教会もありますし、レストランもあります。

3ゴルフ場

ジムもクラスをとらないかぎり無料、ゴルフコースがあるので、これは20ドルですが、ゴルフが好きな人には天国でしょう。もちろんテニスコートもありますし、プールは屋外2カ所、屋内プールが一つあります。また驚いたのは、バスサービスです。

4プール_2

プールやジムに連れていってくれるだけでなく、最寄りのウォルナッツクリーク駅や買い物のためダウンタウンまで無料バスが出ているのです。

このバート駅からサンフランシスコのダウンタウンまではちょうど30分で行けます。鹿もいますが、七面鳥がゆったり歩いています。白樺の中で、まるで、避暑にきているようです。

5七面鳥
荷物を方付けながらも少しずつ、いろいろ試してみました。プールに行ってみました。午後の暑いときだったからでしょう。若いライフガードが二人もいて、入っているのは私と夫だけで、そのプールの温度は88度。

6自動車ショー
これだったら、私も念願の競泳のための練習ができるかもしれません(??)またこの写真にあるようにクラシックカーの展示の日もありました。

いつもいろいろなイベントが計画されていますし、家が小さい分、お裁縫室や工芸室なども使えます。映画にいってみました。豪華な作りだけでなく、お年寄り用に手摺がついていました。そして、金曜日、大好きなファーマーズマーケットまできてくれるのです。前の町のファーマーズマーケットで、毎回その町で作っているソーセージやさんからソーセージを買っていました。

あれだけは手に入らないだろうと思っていってみたら、なんとそのソ—セージやさんのおばさんがきているではありませんか。二人で再会を喜びました。神様は山を移してくださる方ですからソーセージやさんをも山の向こうから1時間もかけてよこしてくれたのでしょう。

まさに乳と蜜の流れる地、神様が導いてくださった地と確信しています。

竹下弘美



にほんブログ村 ライフスタイルブログ アメリカンライフスタイルへ
アメリカンライフスタイル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

2018/06/10命の水の泉から

Posted by NCM2 CHOIR