Read Article

別れる力

この本に書かれているのは別れだけではない。社会について鋭い視線を投げかけ、事の本質を的確に語る。それが小気味好く実に痛快。たとえば格安バスツアーや衣類などの価格競争を例に「もうひとつ安すぎる事の弊害は、物を大切にあつかわなくなってしまうことがある。これが社会に蔓延すると、その国の柱がおかしくなる」

 

産經新聞の話題の本で紹介されていた、伊集院静氏の「別れる力」と言う本の書評の中の一言にドキッとしました。

経済不況でこちらアメリカでもテレビコマーシャルのスポンサー企業が変わって、最近は大型安売り店のコマーシャルがやたらと多くなりました。安い事は良いことで、私もその恩恵を受けている者の一人です。

でも、安物の衣料品はすぐに穴があいたり、縫い目がほつれてきたり、洗濯をすると色が落ちたりと長持ちはしません。でも安いので、確かに処分する時に罪悪感がないのです。「また、買えばいいや!」ってな気持ちが出てしまうのですね。
別れる力
脚本家の倉本聰さんが、昔の日本のテレビドラマ ”北の国から”の主人公、黒板五郎さんの生き方を通じて、まだ使えるものをどんどん捨ててゴミにしてしまう、今から約30年ほど前の日本人の消費生活に問題定義をしていました。

そして30年後の今、伊集院氏の言葉が「また買えばいいや!」が習慣になってしまった私の心にぐさっと響いたわけです。

私の子どもの頃は、物がそれほど豊富な世の中でなかったし、周りも平均的に貧しかったので、セーターが小さくなったら母はセーターの毛糸をほどいて、もう一度編み直して着せてくれていた事などを思い出しました。やっと買ってもらった人形は、真っ黒になってもまだ大事にしていました。

物を大切にしなくなった自分は・・・
いったいどこから変わってしまったのかしら?
昔に戻る事はできるのかしら?
少しでも、物を大切に生きようとしたら、どうしたらいいのかしら?

これからの私の大きな、そして大切な課題を伊集院氏の言葉が与えてくれました。

マダム

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top