Read Article

業をなし終えてこの世を離れ彼方の御国にゆかば、主は我を迎え給わん  

 

最近、近所でクレーンを使ってヤシの木の病葉(わくらば)を切っている光景にであいました。家の窓からの風景です。

昔ロス郊外に住んでいたときには病葉を切るための業者がよく訪ねてきました。値段のつけ方はまちまちで100ドル以下から300ドル近くという人もあり、さまざまでした。そのころはクレーンではなく木登りが上手なトンガの人が多く、腰に縄をしばりつけて登っていました。

病葉をとらないと、サンタアナウインドというこの地方特有な強風で、その葉がとびちることがありますし、またネズミが巣をつくるのだそうです。

 

 

南カリフォルニアで育った娘は北カリフォルニアに引っ越したあと、時々遊びにロスに帰るたびに「ヤシの木を見ると涙が出る」といっていました。そのくらいロスが好きでロスで就職し、結婚して家庭をもったのもロス郊外です。

 

 

このブログの親分、NCM2隊長のインスタグラム ︎はすべてヤシの木の写真です。⬇︎

 

 

ここはどこにいってもヤシの木だらけです。わざわざ新しくできる店舗にはヤシの木を植えます。

 

 

ロス郊外から始まった人気のハンバーガーショップ、In-N-Out Burgerの商標はヤシの木です。

 

 

ただただ上に向かって伸びて行く姿は天国を目指すかのようで,いつ見ても気持ちがよいものです。

愛する90歳になられる姉妹が昨日からいよいよホスピスケアにはいりました。お電話すると、「まだ向こう(天国)にいけないでいるのよ。こんなに身体がいうことをきかなくなったので、早く向こうにいきたいの。向こうはすてきなとこよ」。

いつも礼拝でゴスペルシャンソンを賛美して「上をめざしましょう」と、そのたびに会衆を励ましていてくださっていた姉妹です。

 

 

聖歌646をおもいます。

「わざをなしおえて」聖歌646番 ⬇︎

「業をなし終えてこの世を離れ彼方の御国にゆかば、主は我を迎え給わん」

天国にはヤシの木はあるでしょうか。

「あなたがたは、心を騒がせないがよい。神を信じ、また私を信じなさい。私の父の家には、すまいがたくさんある。ヨハネ14:1ー2」

 

竹下弘美


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top