Read Article

新しい年、主が何をしてくださるか希望をもって慶んで臨みましょう。

クリスマスに友人から素敵なペンダントのプレゼントをいただきました。説明書きには次のようにあります。

「のぞみプロジェクトは、宮城県石巻市の女性に希望をもってもらいたいという願いから立ち上げられたソーシャルサービス(社会的企業)です。陶器のかけらが美しいアクセサリーに生まれ変わるように、人々の人生も希望と美しさにあふれて新たに生まれ変わるだろうと信じています」

「壊れた陶器や不必要になった物の中にある美しさに光をあて、陶器を削る工程からひとつひとつ手作業でオリジナルアクセサリーを作っています。Nozomiのアクセサリーを『生まれ変わる美しさ』のシンボルとして世界に発信すると同時に、女性が無理なく安心して働ける環境づくりと就労モデルづくりにとりくんでいます」

津波で家族を、また財産をすべて失った人々がその残された物を使ってこんなすてきな作品を作っています。壊れたものから完成品とはまた違った、美しい物が生まれる、そんなことをこのアクセサリーは教えてくれます。

私達を生かす原動力となるのは希望、望みです。香水で一番売れるのは希望か、Nozomiという名前の製品だときいたことがあります。それほど、皆、希望を欲しているのです。

実際にあるのか、ネットで調べてみました。わかりました。シャネルやエルメスの香水を扱っているところの名前でした。

でも本当の希望、望みはどこからくるでしょう? ディプレスしている人にただ希望を持ちなさいと言ってもどうしたら、希望をもてるのかわからないでしょう。希望を与えてくれるのは福音のほかありません。私達を創られた主がこの人生を生きる力をくださり、最善をしてくださり、天国に行く前には、主の形に近づく者としてくださるのです、

これは私の中学生と小学生の甥と姪合作の火山を前にした恐竜たちの折り紙です。一匹は火を噴いています。たった一枚の正方形の紙からこんな作品ができるのですね。神様に創られた私達も、御手の中で試練という折り目をつけられながら、神様の製品として、仕上げられていくのです。

新しい年、主が何をしてくださるか、慶んで臨みましょう。(矢島眸さんによる絵手紙) 
   
竹下弘美
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top