Read Article

愛とは「あなたを愛しているよ」という言葉だけであらわされるものではなく、心をこめて焼いた一匹の魚を無言で手渡すこと・・

神様が我々の空腹を心配して下さる・・

聖書を読むたびに思うことは、神様はとっても現実的なお方だと言う事です。食べ物に間することは実に多く、食いしん坊の私には断食よりも、おいしいお食事の方が魅力的で、煩悩が断ち切れない自分を嘆く事もしばしばですが、バカボンのパパではないけれど「それでいいのだ!」と聖書の神様は言って下さるような気がしてホッとしています。

「神様に近づきたい、もっとスピリチュアル(霊的)な世界に入りたい。」と人は神様を探し求めるのに、その神様は私たちの空腹を心配して下さっていると言う事に気がつきました。

聖書の中には、私とはかけ離れたような偉い人々にも、神様はみなの空腹の心配をしてくれている記事が沢山あります。荒野を旅したモーセ率いるイスラエルの民に”マナ”と言う不思議な食べ物を毎日下さった話、死闘の末勝利した後バーンアウトして弱り果ててしまったエリアに「焼石の上で焼いたパンと一ビンの水」(列王記上19章6節)を与えた話・・・

4000人ほどの人が三日もの間、食事もせずにイエス様の話を聞くべく、その後を追い続けた人々の空腹を心配して、食べきれない程の食事を与えた話、復活したイエス様が、自分を裏切ったペテロに、漁をしても何も取れないで疲れ切っている彼を呼んで、熱々の魚を手渡した話。

まだまだ沢山あるけれど、主人公は全てこの世で疲れ果て弱り切った人々。そしてその時、神様は遠くの方から不思議なスピリットで光輝くとか、天国のような所に導いて悟りを開かせたとかではなく、もっとも現実的な方法で彼らに現れています。

じゃがいものそぼろ煮

疲れ果てている者に「祈りましょう!」「神様を信じましょう」などと言うのは人間側

それは食事と休息でした。疲れ果てている者に「祈りましょう!」「神様を信じましょう」などと言うのは人間側。疲れている時は、まずは暖かな食事と安らかな眠りが人間には必要なのだと聖書は言っているではありませんか。その後で神様に近ずけばいいのです。聖書の神様は自ら我々のそばにきて、食事を与え、まずは眠りなさい、あなたの旅路は長いのだからとねぎらって下さるのです。

敬愛するパスターマック先生(サンディエゴ日本人教会)のブログ、世俗牧師宣言!2月25日『あなたの体について」の投稿の中の一節が心に響きます。

”愛とは「あなたを愛しているよ」という言葉だけであらわされるものではなく、心をこめて焼いた一匹の魚を無言で手渡すことによっても十分に届けることができるのです。”

人生の先輩に ”偉そうなこと言っていても、お腹が空いた時に同じことを言えるか?”と諭され、「すみません。できません。」としか言えない私です。せめて、心を込めて作った料理で神様と同じような方法で愛を表すことを実践していこうと神様に祈りを捧げました。

マダム

マダムの手作りデザート



ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おいしそうな愛のこもったお料理ですね。
    タイに長く宣教師としていってらっしゃる森本憲夫先生がいってらっしゃいました。「人はパンのみでいきるにあらず」だけれど、まず、パンがなければ、福音は伝わらないと。

    • 弘美さん、コメントありがとうございました。気づくのが遅くて申し訳ありません。森本先生は日々の暮らしの中で、切実に実感している事でしょう。自分が体験しないと、分からないことが多いですね。イエス様が仰るように、日々驕らず、謙遜に生かさせていただきたいです。ところで、POLTOでの私の一押しはガバのぺイストリーです。ここはパーテイー用に買いに来るお客さんが多いので、皆さんの買い方も半端ないですね。マダム

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top