苦しみも食べ、悲しみも、いっぱい食べて、大きな人になるのですよ。

カレンダー1

2018年になったかと思ったら、もう1月も終わりです。この頃多くの人はiPadやiPhoneなどの携帯電話のスケジュール表を使うようになりましたが、やはり、一目で壁にかけてあるカレンダーを見ると頭の中が整理されます。これは詩篇からのカレンダーです。

カレンダー2

いろいろな団体から、年末になると、寄付目当てでカレンダーが送られてきます。その中でもこのクリスチャン団体のナビゲーターからのカレンダーはいつも素敵です。もちろん。聖書の言葉からの絵です。

苦しみを食べる

昨年は星野富弘さんのカレンダーを使っていました。どの絵もよいのですが、この絵の言葉が好きで、ほかに5枚も違う絵があるのですが、この絵ばかり出していました。これは取り外しが自由にできるようになっているので、便利でした。新しい年になってもこの絵が好きで、額に入れることにしました。

今年もこれから、いろいろな苦しみがあり、悲しみがあるでしょう。でもそれらを乗り越えて大きな人になるのですね。主をみあげつつ、これ以上太ってはこまりますが。

「あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、試練と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」第一コリント10-13
                 
竹下弘美


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)