Read Article

久山泰彦リチャード牧師の引退礼拝

去る6月3日(日)は、敬愛します久山泰彦リチャード牧師の引退礼拝に参列、NCM2が特別賛美を捧げました。

久山先生とは長い間「命の電話・クリスマスチャリテイーコンサート」や、バザー、講演会などの奉仕活動を共に働かせて頂きました。公私に渡って私たちNCM2の働きを支えて頂き、本当にお世話になりました。

この引退礼拝の後に催されたバンケットでは多くの来賓の方々の祝辞が披露されました。そのお話を伺うと、どれだけ久山先生がロサンゼルスの日系人コミュニティーの為に尽くされてきたか驚くばかりでした。

ロサンゼルスの日本国領事館からは領事(当日は帰国中)の書簡(祝辞)が読み上げられ、ボーイズタウンの上級コンサルタント、オレンジ郡前福祉局・局長、日系日本舞踊の会、教会の和太鼓グループ、パイプオルガンで賛美される聖歌隊と、それはそれは様々な分野で活躍されている方々で埋め尽くされていました。

虐待されてきた子供達を更生させる”ボーイズタウン”の日本とアメリカでの働き、介護犬のブリーダーの働き、L.A.のギャング構成員たちが更生するための「寿司職人養成学校」の働き、ボーイズタウンのアメリカの書籍の日本語の翻訳、病人、老人達への訪問、無牧(むぼく)になっている3つの教会への牧会の働き等など、一人の人がそんなに多くの事が出来るのかと思う程の活躍が語られました。

ある方が、久山先生はこちらのコマーシャルに出てくる”Energizer bunny”のように”keeps going and going”の疲れを知らないお人だとお話しされていました。そのキャラクターと先生の暖かくユーモアのあるお人柄がまさにピッタリ。


Energizer Bunny™ – Naughty, Nice

NCM2は久山先生からのリクエスト”君に伝えたい”を賛美させていただきました。また、もう一曲は先生のような方を歌ったオリジナル曲で”あなたと会うたびに”と言う讃美もこの日、先生に捧げて歌わせていただきました。”喜ぶ者といっしょに喜び、泣くものといっしょに泣きなさい” ローマ書12:15の聖書の箇所からNCM2のミチコが作詞・作曲した素敵な楽曲です。

【試聴】 あなたと会うたびに

演奏: NCM2 CHOIR (リード・ヴォーカル:隊長) 
作詞・作曲:ミチコ・ヒル

Copyright ℗ 2011 Timo Music Publishing DBA Maki Music Production, Inc./ASCAP All Rights Reserved.

バンケット会場の皆様もこの歌詞と同じ気持ちで先生の事を思われていたのがよくわかり、心が一つになったのを歌っていて感じることが出来ました。ここに集う人々の中には教会とは関係の無い、クリスチャンで無い方々も多く、普段カジュアルな久山先生を見ていたので、牧師のガウンを着ておられる先生をみて、この方は牧師だったのだと思った等の話も出てきました。

宗教の枠を超えた、弱者への思いやりの働きはイエス様を彷彿とさせられます。久山先生は引退されても、やらなければならないことが山ほどあり、むしろ自由になった分、今後は思いっきり色々なことができるそうで、今まで以上に、Keeps going and going… の忙しい日々が続きそうです。

個人的には、私の愛犬ソニヤが亡くなった時に、駆けつけて下さり家族がいるところで葬儀をして下さった先生にどれだけ慰められたかしれません。先生、本当にありがとうございました。そして、これからのますますのご活躍をお祈りしています。

マダム

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top