Read Article

名前を付けることは、人間が神様から仰せつかった一番初めの「仕事」・・

「どんびえ」という家庭用アイスリーム製造器がありました。今でもここアメリカでは、“Donvier” の名で販売されています。日本語名は愛嬌があるし、英語名もフランス語風に「ドホンヴィエール」と発音するとなんとなくお洒落です。

自分のアイスクリーム好きも手伝って、このネーミングが気に入り、この製品の企画をした人はきっとユーモアのある人だろうと勝手に考えていました。

旧約聖書によると、名前を付けることは、人間が神様から仰せつかった一番初めの「仕事」だったようです。(創世記)アダムは初めひとりで生き物に名前を付けていましたが、神様は「助け手」として女を創造したとあります。

エバ(この名もアダムがつけました)の登場で、名前をつける仕事は随分と楽になったのではないでしょうか。アイデア切れ気味になっているアダムの横で、てきぱきと楽しそうに名前を考えているエバの姿が想像できます。

初めから当たり前のように持っている私の名前も、何かの思いを込めてつけてくれた人がいるのですね。 平凡なようでも、親にとっては私だけの特別な名前。父も母ももうこの世にはいないので、名前を決めた日のことを知ることはできませんが、なんだか「ありがとう。」と言いたい気持ちになりました。

牧 昭子

ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top