朝(あした)に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可なり

朝(あした)に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可なり

私は、7歳の時に日本に行き、家庭教師について日本語を学んだ後、小学校の2年生に編入した者ですが、(中国人じゃないのに)漢文が得意でした。漢字辞典を引きながら日本語を読んだせいでしょうか。 今の日本では、漢文を教えるのかわかりませんが、昔の学生で「朝聞道夕可死」という言葉を知らない者はいなかったと思います。 中国語と日本...

母の悲しみ

母の悲しみ

母は、私にとって「反面教師」でした。こうであってはいけないと教えられた人でした。でも、今から考えると、すごい人で、私の人生に最も強い影響を与えた人だと言えます。 母は、とても怖い人でした。子供たちに甘えることを許さない人でした。私たちの家は、韓国の由緒ある家で、父は国会議員。母は、梨花女子大を出た、美貌と知性をそなえた...

アメリカ不法移民の強制送還〜これは人の命に関わる問題だ。

アメリカ不法移民の強制送還〜これは人の命に関わる問題だ。

トランプ大統領になって、不法入国している人たちは、戦々恐々としている。今まで、いろいろ不便なことがあったけど(よっぽどのことがないかぎり)国外追放になることがなかった。でも、昨今、過去に法を犯した経歴がある人は、父であろうが母であろうが、つかまったら、来た国に追放されてしまう。 私たち夫婦も「国外出国命令」を受けたこと...

多くの人は、命のために不味いパンでも食べているが、俺は嫌だ!

多くの人は、命のために不味いパンでも食べているが、俺は嫌だ!

教会の友人がTofu Bead というのをくれた。身体にとても良いというパンである。私は、基本的に身体に良いという食べ物は食べないことにしている。理由は、美味しくないから。 私は、生まれた時、とてもひ弱で、下痢が続き死にそうになった。3人女の子が生まれて、ようやく男の子が生まれたのに、その子が死にそうになったのだ。 そ...

伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である

伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である

この色紙の写真は、私たち夫婦が出た大学の後輩の叔父さんが書いたものです。とても味があって、ただ見ているだけで、心に響くものがあります。この方は、創造主を知っているなと思わされます。許可を得て、皆さんにシェアさせていただきました。 旧約聖書39巻の中に、異色の書物があります。「伝道の書」(コヘレト)であります。 冒頭に「...

命の重さ21グラム・・

命の重さ21グラム・・

命の重さが21グラムだという話を聞いたのは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が2003年に製作されたアメリカ映画 「21グラム」という映画を見た時でした。それまでは、命に重さがあるなどとは考えたことなどありませんでした。 1907年に、米・マサチューセッツ州の医師であったダンカン・マクドゥーガル博士は、末期患...

今も生きている戦後の話、19才の混血児の孤独な戦い

今も生きている戦後の話、19才の混血児の孤独な戦い

私たちには、いつも、どんな時でも愛し、支えてくれるお母さんが居ます。母親は、自分の子供のためには、命をも捨てるのであります。 “母はその子を愛する”と私は、言いました。でも、例外もあるのです。生まれてすぐに、自分の子を捨てる母も居るのであります。・・・ 私たちの親友に、クラーク桂子さんという人がいます。私は、この人を尊...

井戸垣彰著「キリスト者であることと日本人であること」

井戸垣彰著「キリスト者であることと日本人であること」

井戸垣彰先生は、ロイド・ジョンズ「山上の説教」を訳された方で、一度お目にかかりたいと思ったのに、果たされなかった方です。 まったく面識がない方ですが、私の尊敬する方です。彼の訳書「山上の説教」(名著、名訳)を読み、この方が牧師として働いていた時に書かれた、この「キリスト者であることと日本人であること」を読んだからです。...

心はガラス細工のよう〜何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。

心はガラス細工のよう〜何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。

「心はガラス細工(ざいく)のよう」という言葉があります。これは、かつて私の上司で、アメリカの支社の社長だった本田さんという方から聞いた言葉です。私はこの言葉を聞くと、彼のことを思いだすのであります。 ちょうど景気が悪くなってきた頃で、私が働いていた会社がアメリカから撤退することになり、ある人の紹介で、この会社に面接に来...

Return Top