神様、もしこれがパフの最期でしたら、ベストの状態で召してください。

神様、もしこれがパフの最期でしたら、ベストの状態で召してください。

あの子が逝ってから一週間経つのに、その時いただいたお花が満開です。 15歳の猫のパフが急に食べなくなりました。それでも大好きなアスパラガスを口に持っていくとむしゃむしゃ食べるし、メキシコのチーズは目の色を変えたように大喜びして食べるので2、3日様子を看ていました。 やはり、変です。撫でると、ゴロゴロ喉を鳴らすのですが、...

千羽鶴

千羽鶴

私の目にあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。イザヤ書43 北カリフォルニアの教会の親しい友人から、「千羽鶴が仕上がった。もうすぐ届くよ」と電話がありました。 「オッパ(韓国語でお兄さんの意味)が完全に癒されるように心をこめて折ったから」 彼女は韓国が好きで、私の夫を兄のように思ってくれているので、韓国生まれの夫...

新しい年、主が何をしてくださるか希望をもって慶んで臨みましょう。

新しい年、主が何をしてくださるか希望をもって慶んで臨みましょう。

クリスマスに友人から素敵なペンダントのプレゼントをいただきました。説明書きには次のようにあります。 「のぞみプロジェクトは、宮城県石巻市の女性に希望をもってもらいたいという願いから立ち上げられたソーシャルサービス(社会的企業)です。陶器のかけらが美しいアクセサリーに生まれ変わるように、人々の人生も希望と美しさにあふれて...

Don’t say goodby just say see you

Don’t say goodby just say see you

15歳になる猫のパフはこの3年間、糖尿病のため朝晩インシュリン注射をしているとはいえ、とても元気でした。 飼い主に似て若作りなのでしょうか? もう予防接種もいらないし、元気だったので、この2年間は動物病院にも連れて行ったことがありませんでした。前に毛玉が胃の中にたまって手術をしなければならないことがあり、大変な目に遭い...

目から鱗―半熟卵を茹でるための卵穴開け器、パイナップルを切る器具

目から鱗―半熟卵を茹でるための卵穴開け器、パイナップルを切る器具

半熟卵のゆで方を「ためしてガッテン」のプログラムで教授されました。お鍋に水を沸騰させ、底に穴を開けた卵を3分入れ、火を止め、その後、7分そのまま放置し、お湯から取り出す。というものでした。 たしかにとても良い具合の半熟卵ができます。でも卵の底に穴を開けるというのがなかなか難しいのです。ちょっとクラックを入れると、卵の液...

天に宝を | NCM2日本ミッション・コンサートツアー・キックオフ・ライブ

天に宝を | NCM2日本ミッション・コンサートツアー・キックオフ・ライブ

NCM2(ニュー・クリスチャン・ミュージック・ミニストリー)の日本へのミッションツアーが11月に始まります。それにさきがけ、10月19日ガーデイナにあるGVIC(ゴスペルベンチャーインターナショナルチャーチ)でキックオフコンサートが行われました。 隊長牧良夫兄、松尾百合姉、七年前韓国からジョインした、イ・ジュンソク兄の...

死とは永遠に続く素敵な昼寝、コロノスコピー(大腸癌検査)に際して

死とは永遠に続く素敵な昼寝、コロノスコピー(大腸癌検査)に際して

待っていたコロノスコピー(大腸癌検査)の日がやってきました。父が大腸癌で亡くなっているために私は5年に一度はこの検査を受けることになっています。 そして私はこの検査が大好きなのです。大腸を空っぽにするために前日128オンズ(グラス16杯)分の液体を飲まなければなりません。下剤です。これはつらいです。大量というだけではな...

壮絶な一年間の闘いが終わり、夫の肺癌が消えました。ハレルヤ、感謝

壮絶な一年間の闘いが終わり、夫の肺癌が消えました。ハレルヤ、感謝

昨年の2月、夫が肺の検査を受けてみました。もともと心臓に問題があったのですが、心臓は定期検査を受けていました。少し息切れがするので、心臓だけではなく念のために肺を調べてみたらということになったのです。 そしてなんとその結果、ペースメーカーの裏の部分の肺に1.8センチの影があるというのです。ペットスキャンという癌の存在を...

天国へのお引越しはいつになるのでしょう。12回目のお引越しをしました。

天国へのお引越しはいつになるのでしょう。12回目のお引越しをしました。

5年前にダウンサイズして、北カリフォルニアのシニアの町に引っ越したときに、それが天国に行く直前の終の棲家だと信じていました。そしてそこで3年の間、それこそ、地上での天国の生活を味わうことができました。そのシニアの町にはプールあり、テニスコートあり、映画も見放題でした。 娘がロサンゼルスにいるので、友人達は私達はいずれ、...

Return Top