Mitch Sekine Memorial Scholarship Fund

Mitch Sekine Memorial Scholarship Fund

サンフェルナンドバレーの住民とCSUNの学生さんの間では今でも語り継がれている、伝説のオフクロの味!和洋定食の店「E&E Cafe」が閉店して10年になろうとしています。 月に一度のCSUN学生さん限定!「カレーライス50%OFF」のお世話になった卒業生の方も多いのではないでしょうか? ”E&...

宣教の地で主の力を体験する恵み

宣教の地で主の力を体験する恵み

アメリカに戻るたびに報告のために訪れる教会で、宣教師について特別な人間であるかのようなコメントをたびたび耳にすることがあり、実際の私自身を知る時、ただ「主のおかげです」と答えるしかありませんでした。 第1コリント1:26-29で神はこの世の弱い者、おろかな者を選ばれた、それは、神の前で誰をも誇...

名前を付けることは、人間が神様から仰せつかった一番初めの「仕事」・・

名前を付けることは、人間が神様から仰せつかった一番初めの「仕事」・・

「どんびえ」という家庭用アイスリーム製造器がありました。今でもここアメリカでは、“Donvier” の名で販売されています。日本語名は愛嬌があるし、英語名もフランス語風に「ドホンヴィエール」と発音するとなんとなくお洒落です。 自分のアイスクリーム好きも手伝って、このネーミングが気に入り、この製品の企画をした人はきっとユ...

レントの黙想 2017

レントの黙想 2017

3月1日(水)は灰の水曜日(Ash Wednesday)で、イエス様の受難の40日間の日々が始まります。この時期になりますと、N牧師はウェブサイト上で「レントの黙想」の冊子を紹介してくださいます。その冊子は3月1日より4月15日まで聖書の箇所と共に、日めくりとなっており、日々の黙想を読み進んで行きます。 イエス様の受難...

信仰の歩みとは、日々の積み重ねです〜「北米ホーリネス教団・新年聖会」2017

信仰の歩みとは、日々の積み重ねです〜「北米ホーリネス教団・新年聖会」2017

「聖会とは、聖なるお方と出会うところです。みなさん、今年も夏期修養会へ行き、聖なるお方にお会いしましょうと!」とのお言葉で開始された2017年北米ホーリネス教団・南加諸教会連合「新年聖会」。 日々の生活から離れて、神様と交わることの大切さを話されました。新年聖会は、夏行われる夏期修養会への、準備集会とでも言いましょうか...

永遠の絆〜賛美歌には人の魂を癒す力もある・・

永遠の絆〜賛美歌には人の魂を癒す力もある・・

音楽が好きだった日本在住の叔父が亡くなりました 最近、日本の叔父が亡くなりました。昨年秋のNCM2の日本ツアーで訪日していた時に、叔父の家の近くを通ったので連絡したら、叔父が急病で入院。その日が手術の日だと知りました。急いで病院に駆けつけ、一人息子の従兄弟と手術が無事終わるのを確認して帰りました。 その後、何度かツアー...

友情を育む | 2017年のサンディエゴ日本人教会の教会標語

友情を育む | 2017年のサンディエゴ日本人教会の教会標語

私が所属している、サンディエゴ日本人教会(北米ホーリネス教団)の2017年の教会標語は「友情を育む」です。  「わたしはあなたがたを友と呼んだ」 ヨハネ15章15節と、「鉄は鉄を研ぐ、そのように人はその友の顔を研ぐ」箴言27章17節の聖書のみ言葉から導かれています。 主任牧師の大倉先生は主との交わりと、横の繋がりの大切...

天はあなたのもの、地もあなたのもの・・

天はあなたのもの、地もあなたのもの・・

朝晩、やや寒さを感じるサンディエゴのこの頃です。バルコニーから揺れ動く木々の間からは、青空が覗き見今日もることが出来ます。 すっきりと晴れた日を頂きそうだと、生かされていることの幸いを心に留めながら、これも天と地を創られた「あなたのもの・・・」ですね。ありがとう御座います。 名古屋の親しい友から今年もまた、みことばカレ...

Return Top