Read Article

あなたの隣人を愛しなさいーブリッジ復興支援コンサート、国境を越えて

8月24日、昨年に続いて今年もゴンミンさん率いる The Bridge が、韓国の超一流ミュージシャンを率いてロサンゼルスにやってきました。初めて昨年、ロサンゼルスのリトル東京にある新谷シアターで開かれた時、私は彼の日本への宣教の想いとそのピアノの美しさに感動しました。そして彼らはロサンゼルスから被災地の福島へ、復興支援の私達の想いを届けてくれたのでした。

ゴンミンさんは韓国で有名なピアニストでしたが、日本人の魂の救いのため日本に移住し、日本語を習いました。そして、福島の被災地を知り、そのため韓国から一流のミュージシャンを募って福島の被災地の人達のため当地を訪れ、人々をその音楽で慰め続けています。また今回のように他の地でコンサートを開いて福島の被災地状況を紹介し、収益をもってまた被災地を訪問するということを繰り返しています。

昨年の会場の新谷シアターは800人の収容人数だったので、今年はもっと多くの人々にこの愛の技を届けようと、今回はリドンドビーチの1400人収容できるパーフォーミングセンターで行うことになりました。

会場の場所や時間、また切符(といってもドネーションですが)の購入がオンラインシステムオンリーであったことなどのためでしょうか、始め、切符の売れ行きが芳しくなく、関係者は毎日祈り続けました。そしてついに祈りがきかれ、最終日には1000人に達しました。

まず、ゴンミンさんの挨拶で始まり、ミセスのシオンさんの独唱が続きました。その歌唱力はすごいものでした。続いてシオンさんとサックス奏者のパク・グァンシクさんとの共演、ゴンミンさんによる「涙そうそう」のピアノ演奏、途中にはロサンゼルスから収益を持って行った時の福島の人々の感謝の映像が映されました。

ストリングスディレクターの田附範奈さんのもとでのオーケストラは21人、菅直子さん指揮する子供も入れた80人のコーラスと合わせ、総勢101人による「花は咲く」と「ビリーブ」の歌声は圧巻でした。

ドラマーのイム・ヨンフンさん、ただ一人日本人でバスプレイヤーの林有希さん、サックス奏者のパク・グァンシクさんの熱の入った演奏。そして劇団四季で活躍しているビョン・ホギルさんのウィットに富んだ自己紹介と独唱はすばらしいものでした。シオンさんとのデュエットもありました。

彼らは日本人ではないのに、日本の被災地のために自腹を切って賜物を生かし、助けてくれているのです。特に日韓関係が最悪な状態である今、このコンサートが行われたということは、神様の時だったとしか考えられません。

まさに国境を越え日韓のブリッジの役割を果たしてくれたコンサートでした。ユーモアのあるゴンミンさんによる司会が会場を柔らかく笑いで包みました。

ぶっ続け2時間以上もの演奏の後、みなさん会場を後にできない様子で、興奮と感動の渦でした。

「あなたの隣人を愛しなさい」というイエス様の声に従っている愛の姿を目の当たりにした宵でした。

私も韓国人である夫をあらためて隣人として愛さなければ???

帰り道、演奏されたアメイジンググレースが頭の中を駆巡っていました。


THE BRIDGE concert | 『Beyond Borders』 Benefit Concert 2019 Los Angeles | :: Send Love to Japan ::                                              

竹下弘美


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


                                                  

                                                                                  
      
                                                  

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top