Read Article

朝(あした)に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可なり

朝聞道夕可死

私は、7歳の時に日本に行き、家庭教師について日本語を学んだ後、小学校の2年生に編入した者ですが、(中国人じゃないのに)漢文が得意でした。漢字辞典を引きながら日本語を読んだせいでしょうか。

今の日本では、漢文を教えるのかわかりませんが、昔の学生で「朝聞道夕可死」という言葉を知らない者はいなかったと思います。

中国語と日本語は文法が違うので、“レ”という記号で語順を変えるのです。“朝聞道”という順序を“朝道聞”にして、「朝に道を聞く」と読み、“夕可死”を“夕死可”にして、「夕べに死すとも可なり」となります。

あるピクニックで、中国の御夫妻に、この言葉をどのように発音するのか訊いた時、手元にあった紙ナプキンに書き留めたものをここに添付しましたが、私は、漢文を読む時に旧約聖書のヘブル語を思い出すのです。

ヘブル語を読もうとする時、漢文の簡潔で凝縮された深い意味を思いだす

否、逆に、ヘブル語を読もうとする時、漢文の簡潔で凝縮された深い意味を思いだすと言った方が正確かも知れません。朝に人生の「道」(究極的な生き方)を見出したなら、夕べに死んでもいい。・・・ちなみに、これは、儒教の始祖、孔子の言葉です(論語)。

話は、変わりますが、新約聖書の使徒行伝(使徒の働き)には、「この道」という言葉で、イエスの福音が伝えられたのでした。かのパウロ(サウロ)は、「この道」を信じるものを捕らえて、抹殺しようとしていた者でしたが、イエスに出会って、彼の人生がかわったのでした。

『使9:2 ダマスコの諸会堂あての手紙を書いてくれるよう頼んだ。それは、この道の者であれば男でも女でも、見つけ次第縛り上げてエルサレムに引いて来るためであった。9:3 ところが、道を進んで行って、ダマスコの近くまで来たとき、突然、天からの光が彼を巡り照らした。 9:4 彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」という声を聞いた。 9:5 彼が、「主よ。あなたはどなたですか」と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。 9:6 立ち上がって、町に入りなさい。そうすれば、あなたのしなければならないことが告げられるはずです。」』

サウロは、この体験を通して、パウロ(小さき者)となり、「この道」を伝える人となったのでした。

ロバート・イー

ゴスペル・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントをどうぞ。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top